新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

「春の陽気」というけれど~春の憂うつ~   其の二

今回はちょっとだけ、東洋医学の基礎知識です。

漢方の基本的な考え方に「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)」

というものがあり「陰陽」と「五行」から成り立っています。中国

哲学の根幹をなす理論で、自然界の現象は、すべてこの理論により

解釈されています。


🈩 陰陽論とは 陰陽とはもともと日かげと日なたの意味でした。

自然界のすべてのものを「陰と陽」の相反する二つの要素でとらえ

る考え方で、対立と依存しながら絶えず変化している関係のことで

す。例えば、太陽と月、明と暗、昼と夜、暖と冷、動と静など

🈔 五行説とは 自然界の変化や関係は「木、火、土、金、水」の

五要素で構成され、それぞれが一定の法則で相互的に関わりあって

いるという考え方です。

この五行説を身体に応用したのが「五臓(ごぞう)」の考え方です。

五臓は「肝、心、脾、肺、腎」で示され、「肝(かん)⇒木、心(しん

)⇒火、脾(ひ)=⇒土、肺(はい)⇒金、腎(じん)⇒水」に対応し、五行

と同じくお互いにバランスを保っています。

次回はこれをふまえて、春の憂うつと東洋医学のこと