新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

おなかの不調 機能性ディスペプシアvol.2

~前回のおさらい~

機能性ディスペプシアとは、内視鏡検査やエコー検査などで異常がない

のに慢性的にみぞおちの痛みや食後のもたれ感、すぐにおなかがいっぱ

いになって食べられなくなるなどの症状を呈する病気です。ストレスや

暴飲暴食、不規則な生活、冷えなどがきっかけで胃の機能(拡張能、排泄

能)が乱れることで引き起こされます

今回は治療のお話です。過敏性腸症候

群(IBS)と同様に、まずは食生活や生活

習慣の改善です。暴飲暴食をさけて出来

るだけ規則的な生活を心掛け、ゆっくり

よく噛んで食べることも大事です。ピロ

リ菌感染性胃炎があれば除菌したり胃酸

過多の症状があれば胃酸をおさえる薬も

有効なことがあります。主に胃の機能を

調整する薬と胃酸をおさえる薬を処方す

ることが多いですが、体質(証)にあわせ

た漢方薬も有効です。エビデンスが確立

している六君子湯(りっくんしとう)や、

ストレスで痛みが出やすい方には安中散(あんちゅうさん)がおすすめです。