新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

じめじめ梅雨の過ごし方 後半

梅雨時の身体の不調は「湿邪」によって引き起こされています。

今回は暑い夏に向けての準備として、梅雨の過ごし方について。

①知らず知らずの冷えに注意

蒸し暑い日が続くと、寒いのか暑いのか身体の感覚が鈍くなります。

梅雨寒のような気温の低下(変化)に気付けずに、冷え性でない人も

知らず知らずに体が冷えてしまい、不調につながることがあります。

特に冷房の使い方には注意が必要、汗をかいた後の冷房のかけ過ぎ、

寝ている時などもお腹・足を冷やさないようにしましょう。

②冷たい食べ物や飲み物を控え、エネルギー補給もほどほどに

食養生としての夏野菜は、生よりも炒めたり蒸したりする加熱料理

がお勧めです。胃腸の弱りやすい季節は、栄養価の高い食事よりも、

温かく消化のよい食べ物を腹8分目にしておきましょう。

③適度な運動で適度な発汗

水分をこまめに取りつつ、散歩や運動・ストレッチで汗を流して、

鬱々とした気分を発散させましょう。

④がんばり過ぎない

やる気になれない何もしたくない時は、自分の気持ちに素直に家で

ゴロゴロしましょうか。がんばり過ぎないことも大切です。

⑤漢方薬を試してみよう

身体の水分の偏りを整えて、不要な水を排出させる漢方薬を使用し

ます。冷えや胃腸不調の有無など体質や症状によって漢方薬を使い

分けますので、何となく調子の悪い方はぜひご相談ください。

じろり・・・