top of page

新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

ゆらぎの春 疲れやすさの理由<後半>

「最近とても疲れやすい」そう感じているのは、あなただけではあり

ません。前半でお話ししたように、季節の変わり目は寒暖の差によっ

て疲れやすくなりますが、通年で疲れやすいと感じる方は、日常の食

生活に原因があるかもしれません。

疲れると何となく甘いものが食べたくなりますが、糖質を取りすぎて

かえって疲れやすくなったり、疲れが取れにくくなることがあります。

その理由は3つあります。

その1 糖質過多で低血糖になりやすい

食事をすると血糖が上昇し、その血糖をエネルギー源として活用する

ために、膵臓からインスリンが分泌され、血糖は活用されるとともに

低下していきます。しかし糖質の量が多いとインスリンが過剰に分泌

され、日常的に繰り返されると、膵臓が疲弊していきインスリン分泌

が正常に機能せず、血糖が乱高下して正常範囲に保てなくなり、体に

異常(慢性的な疲労感、食後の眠気、無気力、めまい・ふらつきなど)

が出てきます。

その2 ビタミン不足になりやすい

ビタミンB1は炭水化物(糖質)をエネルギーに変換する大事な栄養素

です。糖質量が多いと、ビタミンB1がどんどん消費され低下するため

疲労感や倦怠感、いらいらすることが多くなります。

その3 糖質中毒かもしれない

糖質を摂取することで、脳内の神経系が刺激されドーパミンが放出し、

「快感を感じる」状態となります。この「快感=中毒状態」が続くと

糖質を摂取していない間に、反動で不安やイライラする不快な症状が

あるため、絶えず糖質を欲する悪循環に至ります。

難しい話しになりましたが、特に疲れやすいと感じたら、日常的にお

菓子や果物を食べ過ぎていないか見直してみましょう。少し減らすだ

けで身体が軽くなる感じがするかもしれません。


クリニックのシンボルツリー、ななかまどに小さな白い花が咲いています


Comments


bottom of page