新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

冷え性(冷え症)  その2冷えの症状

今回は冷え性の症状・タイプに関して。

冷えにはいくつか種類があります。 あなたはどのタイプでしょうか。


①全身型(全身の冷え)

体内の熱産生が低下し、新陳代謝が低下、その結果全身が冷えるタイプ。

食欲や気力が失われ疲労感や倦怠感が生じます。

②四肢末端型(手足の冷え)

手足の先まで血液が循環しないことから手足に冷えを感じるタイプ。

若い女性に多く、背景にダイエットや運動不足、薄着や冷たいものの

とりすぎなどがあります。

③上熱下寒型(下半身の冷え)

気や血のめぐりが悪く上半身がのぼせて下半身が冷えるタイプ。

顔のほてりやイライラ、頭痛、肩こり、月経不順などが起こることが

あります。

④体感異常型(ストレスで冷える)

ストレスで自律神経に影響が出て、血行が悪くなり冷えを感じるタイプ。

集中力がなくイライラしたり、食欲不振、胃痛などが起こることが

あります。

⑤症候型(各部位の症状に冷えがかかわる)

頭痛や腰痛、肩こり、胃痛などの不調の原因が冷えであるタイプ。

 

以上漢方のツムラ温 the LIFE 冷え症[冷え性]を参考にしました。

次回は、冷え性(冷え症)に対する対策に関して。