新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

夏を乗り切るセルフケア

本当に蒸し暑い毎日が続いています。今までになく長く蒸し暑い夏

に体調を崩している方も多いと思います。体がすっきりせず「だる

さ」「疲れやすく、疲れがとれない」「やる気が出ない」などなど。

昨今の日本の夏は蒸し暑く、反面室内はエアコンによる寒さがあり

その屋内外の温度差で私たちの自律神経は乱れて、だるさや疲労感

、不眠などの不調となります。

夏は汗をかくことで夏の陽気と共に熱を体外に発散させて、体内に

暑熱がこもることを防いでいます。発汗は体内の過剰な熱を冷ます

生理機能ですが、汗をかき過ぎると体内の水分だけでなく「気(や

る気)」も消耗してしまうことを覚えておいてください。汗をかい

た時は水分と適度な塩分・糖分を補給するだけでなく、昼寝などで

気力と体力の充電をしたり、季節の食材を使った食事を腹八分目に

食べ「気」を補う工夫も必要です。

夏のセルフケアのポイントとしては、①知らず知らずの体の冷えに

注意です。エアコンの使用に限らず、暑いからといって冷たいもの

を食べ過ぎると内臓が冷え、食欲低下、胃痛や下痢の原因となりま

す。なるべく常温のものか、冷たいものを食べた後には温かいもの

を食べて内臓を冷やしたままにしないようにしてください。

②夏は五行論では「心」の季節です。「心」は生き物の活発な成長

と、のびのびとした喜びをあらわします。「心」は生命活動を統括

すると同時に「感情の調和」に関わっており、焦りや怒りなどのマ

イナスの感情は「心」のストレスとなり、体調を崩しやすくなると

いわれています。感情を平静に保つことはとても難しいことですが

、いつも以上に気持ちを平らにしてお過ごしください。

今はカーテンの隙間がお気に入り♥