新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

夏バテ気味のあなたへ その1

例年になく蒸し暑い毎日に心身ともにお疲れの方も多いと思います。

夏バテとは「体がだるい」「食欲がない」「疲れが取れない」「いら

いらする」など夏におこる様々な症状を指します。

昔でいえば、夏バテとは夏の暑さで体力が消耗し、食欲が落ちてぐっ

たりする状態をいいましたが、最近は「暑さ」だけでなく「冷え」も

長引く夏バテの原因となっています。

以前のブログ(冷え性(冷え症) その1冷えの原因)にも自律神経の

ご紹介しましたが、私たちの体には、内臓を一定の温度に保つために

自律神経が働いてます。暑い日は体表面の血管を広げ血流を増やし、

発汗させて体温が上がらないようにします。寒い日は血管を縮めて血

流を減らし熱が外に逃げないようにします。

今の日本は地球温暖化の影響で平均気温が上がり、ひと昔前に比べる

とより蒸し暑くなっている印象があります。熱中症の予防は大切です

が、エアコンの使用が増えて室温も低めに設定していると、屋内外の

激しい温度差が生じます。この温度差に体を適応させようとして自律

神経は活発に働きますが徐々に疲れ切ってしまい、交感神経と副交感

神経のバランスが乱れ「現代の夏バテ」の状態になり体調不良を招き

ます。

自律神経を整えるための夏の過ごし方のポイントは①温度調節②食事

③睡眠④運動習慣の4つです。次回は4つのポイントに関して。


うちのにゃんこはエアコンで快適生活♥