新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

帯状疱疹のこと その1

外来で帯状疱疹ワクチンの相談を受けることが多くなりました。多く

の方がコロナワクチンを接種を受けることで、ワクチン接種に対する

ハードルが低くなったという話を聞きました。

帯状疱疹は、体の左右どちらか一方に水ぶくれと赤い発疹が出現し、

ぴりぴり、ずきずきとした神経痛のような痛みを伴う皮ふ疾患です。

水痘(水ぼうそう)は、同じウイルスが原因ですが、初めて感染した

時に発症する全身にかゆみを伴う発赤・水ぶくれの病気です。

帯状疱疹は水痘・帯状疱疹ウイルスが原因で、日本人の約9割が幼少

期に感染しこのウイルスを持っていると言われています。加齢や過労、

ストレスなどで免疫力が低下するとウイルスが活性化し帯状疱疹を発

症します。50才以上になると発症しやすくなり、日本では80才までに

3人に1人が帯状疱疹になると言われています。

治療は抗ウイルス薬や鎮痛剤を使用します。なるべく早く治療(皮疹

が出て3日以内)を開始することで重症化を防ぎます。治療が遅れる

と「帯状疱疹後神経痛」のリスクが高くなります。また顔や頭に出来

た場合は、重症化すると失明や顔面神経マヒ、難聴を引き起こすこと

があり注意が必要です。

帯状疱疹にならないために、規則正しい食事・生活習慣、ストレスを

軽くするための工夫が必要です。日頃の体調管理を心掛けましょう。

50才以上の方は帯状疱疹ワクチンを接種することが出来ます。ワクチ

ンを接種することで発症を予防し、重症化と帯状疱疹後神経痛を防ぐ

効果が期待出来ます。次回はワクチンのこと。