新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

正しい姿勢を保つ~おまけ~

前回は「正しい姿勢を保つことがエクササイズになる」ことを

ご紹介しました。どこのエクササイズになるかといえば、体の

軸を支える筋肉、いわゆるインナーマッスルのトレーニングに

なります。インナーマッスルは体の奥深くにある筋肉のため、

外から見てもわかりません。姿勢だけでなく、内臓を正しい位

置におさめる役割もしています。例えば尿もれなどは「骨盤底

筋」、便秘やぽっこりお腹は「腹横筋」というインナーマッス

ルが関係しています。対してアウターマッスルは体の表面にあ

る筋肉で、大腿四頭筋(太ももの前面)や大殿筋(おしりの筋

肉)腹直筋(お腹)などがあり、インナーマッスルとアウター

マッスル両方のバランスが大事です。

ところで前回のブログに対しての質問がありましたのでお答え

いたします。

Q1 肩甲骨を意識するのが難しいです。

A1 たしかに肩甲骨を意識するのは難しいので、軽く胸を張る

感じでまず背中を意識してみましょう。胸を張りすぎて背中がそ

り過ぎないように、お腹を出さないようにしてください。肩は力

を抜いておろします。意識できる人は肩甲骨を足のほうに引き下

げるようにしてみてください。

Q2 体を一直線にさせるイメージがつかめません。

A2 体の土台が下半身にあると考えて、まず足から組み立てて

いきましょう。立ち姿はくるぶしを意識して、骨盤→お腹→背中

→首→頭の順番で、座り姿は正しく安定させた骨盤に上体を乗せ

る感覚です。いずれも頭のてっぺんから糸で吊り下げられている

ようにイメージします。

Q3 かえって疲れませんか。

A3 正しい姿勢で疲れを感じているとしたら、それはあなたの

筋肉に効果があるということです。あきらめずに続けましょう。

必ず冷えにくく疲れにくい体になります!


今年1年ありがとうございました。

来年もみなさまの健康と笑顔のため取り組んで参ります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。