top of page

新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

熱中症と脱水症

暑中お見舞い申し上げます。暑い日が続いていますが、みなさま

いかがお過ごしでしょうか。毎日のように熱中症警戒アラートが

発表され、日中の日差しは例年以上に感じます。

熱中症とは「暑い、蒸し暑い環境で起こる体調不良」のことです。

症状によって重症度分類がありますが、立ちくらみやこむら返り

はあるが、意識ははっきりとして、自力で水分が飲める場合(重症

度 I度)は、涼しい場所での安静、体を冷やしつつ、経口補水液を

飲むなどの対処をします。頭痛や吐き気、脱力感、集中力の低下

(II度)、意識障害・痙攣発作(III度)は、医療機関の受診が必要です。

熱中症にならないためには、暑さを避けることは大事ですが、体

調管理も重要です。寝不足や二日酔い、疲労などがあると熱中症

になりやすいと言われています。

ところで水分補給に何を飲んでいるか聞くと、白湯や番茶と答え

ていただくことがあります。まれにビールという人もいますが。

汗をかかない季節の水分補給は白湯や番茶は正解です。しかし、

真夏は大量の汗をかくことで、水分とともに電解質(塩分など)が

失われ、口渇や尿量減少などの脱水症に陥ることがあります。

水や番茶だけ飲んでいると体液が薄まってしまい、かえってだる

さなど体調悪化につながることがあり危険です。

脱水症と感じたら、水と電解質(塩分)を速やかに補うことが大切

で、体に水分が吸収されやすいように塩分と糖分がバランスよく

配合された経口補水液がお勧めです。

オーエスワンという市販の経口補水液もありますが、ご自宅でも

簡単に作れます。水1L、砂糖40g(大さじ4と半分)と塩3g(小さ

じ半分)にお好みでレモン果汁少々です。

たくさん遊んで暑い夏を乗り切りましょう!


何を考えているのかな。ねえマリア。







Comments


bottom of page