新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

漢方薬の副作用について

漢方薬は自然の生薬から作られており、副作用がないと思われ

がちですが、どんな薬にも食品にも副作用の可能性はあります。

胃もたれや食欲不振、下痢、血圧上昇や動悸、むくみ、咳や痰

など症状はさまざまです。

まず注意しているのは、胃腸虚弱があるかどうかです。胃腸が

弱い方が「麻黄」「地黄」「当帰」などの生薬が入っている漢

方薬を飲むと、胃痛や食欲不振がおこることがあります。

また高血圧や心臓病、前立腺肥大症のある方は「麻黄」に注意

が必要です。「麻黄」は交感神経に作用するため、血圧上昇・

動悸、不眠、排尿障害などの可能性があります。

忘れてはならないのは「甘草」による偽性アルドステロン症と

いう副作用です。1日に内服する漢方薬に含まれる甘草の量が

多いほど副作用が出やすいことが分かっていますが、個人差が

あります。カリウムが体外に排出される量が多くなり、四肢脱

力やだるさ、血圧が上がったり、むくみなどの症状がみられま

す。医師は副作用に注意して処方し、定期的な採血で低カリウ

ム血症などをチェックします。

当院では漢方薬をお湯に溶かして、食前に飲んでいただくこと

をお勧めしています。食前に飲むと胃のむかつきを感じる方は

食後の服用をお試しください。またオブラートや服薬ゼリーの

工夫もあります。

漢方薬は胃腸の具合や基礎疾患、その方の「証」を判断した上

で処方するため、副作用を必要以上にこわがる必要はありませ

んが、気になる症状がある場合には、ぜひ担当医や薬剤師にご

相談ください。

今日は時折雪がちらつきながらも、まるで春の嵐のような1日

でした。春はもうすぐですね!


相変わらず寝てばかりのマリア