新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

おなかの不調 腸を整えるvol.3

先回は腸を整えるには「腸内細菌のバランス」が大事なことをご説明

しました。食べ物や整腸剤・サプリメントなどから自分に合った菌を

見つけることが必要ですが、その菌の効果をより高めるために重要な

ことがあります。

私たちの腸内環境は、日頃の食生活や運動習慣、加齢、ストレス、睡

眠、喫煙などにより容易に変化するといわれています。加齢と共に腸

内細菌が変化するのは、ある程度やむを得ないとしても、食事・生活

習慣を見直すこと、適度な運動をすることは、健康を保つために不可

欠です。ではどのような食事をすれば健康にいいのでしょうか。それ

は私たちの身の回りにあるもので案外難しくありません。

ご存じのとおり善玉菌は、ヨーグルトや味噌、納豆、麹などの身近な

発酵食品に含まれています。発酵食品を摂取することで善玉菌を腸に

届けるという考え方をプロバイオティクスといいます。また食物を摂

取して腸内で善玉菌を育てることをプレバイオティクスと呼び、特に

善玉菌の大好物である食物繊維をたっぷりとることが大事です。

豆やきのこ、海藻、玄米、ごぼうなどの根菜類を発酵食品を一緒に取

り入れることで、より効果的に腸内環境を整えることが出来ます。

善玉菌を育てる食物と善玉菌が含まれている発酵食品を一緒に摂取す

ることをシンバイオティクスといいます。私のシンバイオティクスは

いろいろなきのこと塩麴のマリネです。常備菜にしていろいろな料理

に使っています。

キーワード

①プロバイオティクス→善玉菌を届けること 

②プレバイオティクス→食べ物で善玉菌を育てること 

③シンバイオティクス→①と②を一緒に取り入れること

次回は、腸と生活習慣のこと


スリッパはあったかい。