新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

その疲れは「秋バテ」かもしれない

8月も終わり頃からすっかり涼しくなって、猛暑から一転した気候の変化に

体調を崩している方が多いように思います。過ごしやすくなり、ホッとした

反面、身体の疲れやだるさ、ひどい眠気を感じているあなたは「秋バテ」に

なっているのかもしれません。

「夏バテ」は暑さと冷えによる温度差に体がついていかず、結果として自律

神経のバランスが乱れて、体のだるさ、食欲がない、疲れがとれない、いら

いらするなどの症状が出ます。この夏は外出制限などの影響もあり、暑さに

慣れないまま7月から急激に暑くなり、熱中症の予防で冷房の多用、涼しい

部屋で冷たいものをとる機会が多いことも重なって、私たちの体は、私たち

が思っている以上にダメージを受けている可能性があります。

さらに今年は急に涼しくなり、台風や雨など気圧の変化なども体調不良に追

い打ちをかけています。頭痛やめまい、だるさ、肩こりなどの体の不調を感

じている方が多くいらっしゃいます。

夏は交感神経が活発になるため、一見元気になった感じがしますが、涼しく

なると、その反動で疲れが出やすく睡眠の質が落ちる方もいます。睡眠の質

の低下は、だるさや疲れがとれない、日中の眠気をきたします。

夏は胃腸が弱っていることが多いため、食事から見直してみてください。


✿冷えた体を温めることが大事です。調子が悪い時は冷たいものを控え、胃

の負担を減らすため、消化のいいものを腹八分目で食べるようにしましょう。

✿軽い運動(散歩など)をして汗をかきましょう。

✿湯船にゆっくりつかってリラックスしましょう。

✿大きく深呼吸してみましょう。気が付くと呼吸してないかも・・

✿スマホやテレビを控えてみましょう。

夏から秋の季節の変わり目は、気温が1日の中でも大きく変化します。食事

や服装を工夫して、気温の変化で体調をくずさないように体を労わってあげ

てください。寒い冬にむかっていく準備の期間です。


丸顔かわいい♪