新潟市中央区西堀にある

内科・消化器医院です。

地域のみなさまに信頼される温かく質の高い医療を提供できるよう取り組んで参ります。

フォドマップと過敏性腸症候群vol.3

今回は過敏性腸症候群(IBS)のお話しです。

IBSは少なくとも3か月の間、腹痛や腹部不快感を伴い、下痢や

便秘を繰り返す病気です。便が出るとお腹の痛みはやわらぎ、

仕事などの生活環境や気候、ストレスによって便の回数や性状は

変化します。血液検査や大腸内視鏡検査などを行い、がんなどの

悪性疾患や炎症性腸疾患などの病気がないことを確認することも

あります。およそ10%程度の人にあると言われ、女性に多く、

年とともに減ってくることがわかっています。

ストレスによって自律神経が乱れることで、腸が過敏となり腹痛

を感じやすく、腸の動きが不規則になることで下痢や便秘となり

ます。また元々IBSの素因がある上に、たとえは高フォドマップ

食など自分の合わない食生活や、暴飲暴食によってさらに悪化す

ることもあります。

IBSは便の形状により、便秘型、下痢型、混合型、分類不能型に

分けられます。

治療の基本は「生活習慣の見直し・改善」です。働き方に多様性

のある現代社会には難しいかもしれませんが、「だいたい決まっ

た時間に起きて決まった時間に寝る。3食を規則的にとり、暴飲

暴食、夜食をさける」リズムのある生活を送ることで、自律神経

が整い、腸の動きが安定します。ストレスをためこまない工夫も

大事です。


次回は過敏性腸症候群の薬物療法について